DIYで職人nakase!

DIY(日曜大工)の応援サイトです。目指せプロ並仕上げ!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

step9.では始めましょ。

<< はじめから読む 


はじめは『センイ壁をおとす』作業です。

やはり予想されるのは解体時の砂ぼこりだね。
あんなのまともに吸いたくないのからね。
効果的なのは市販の防塵マスクが絶対なんだけど
とりあえずタオルを二重にして鼻と口に当てる。

用意した道具は
・解体バール(大きいバールの事)   → おすすめバール
・落としたセンイ壁をいれるバケツ
・床や建具に養生(汚れ防止)をする為の新聞紙とテープ

こんな格好

では始めます。
まずは養生(汚れ傷防止)をします。
新聞紙とテープを使って建具や床を覆います。
今回はホコリによる汚れ防止がメインなので
あとで掃除が大変そうなところを重点的にする。
特に障子の桟は細かくて大変なので完全に覆いました。

センイ壁落とし作業にとりかかります。
右手で解体バール、左手にバケツをしっかり持つ。
解体バールの平らの方で斜めから『ザクッ』と壁に突き刺します。
そして『グリグリ』とコジいて剥がします。
剥がれたのが床に落ちてしまうとホコリが舞ってしまうので、
剥がしながら小さい固まりのうちにバケツに入れます。
センイ壁の接着ノリの効き目が切れている事に加え
地震での揺さぶりですでに剥がれているところがほとんど。
思った以上に『ゴソゴソ』と落ちるので驚きです。
しかしノリがまだ効いているところもあり
剥がれにくいところも。。。
そういうところは砂ぼこりがが出るので注意です。

バケツは多ければ多いほど良いですね。
『剥がして入れる』→『入れたのを捨てにいく』の作業の繰り返しですから。
ちなみにボクは2コでしました。
もう1つくらいはほしかったです。
でも1家庭にバケツが3個も4個もないでスモンね。。。
100円ショップでも使えそうなバケツ売ってるけど
わざわざこのた為に買うのももったいないし、我慢です。

『ザクッ』 『グリグリガリガリ』 『ドサッ』 
『ザクッ』 『グリグリガリガリ』 『ドサッ』 ・・・

6畳の和室+床の間のセンイ壁おとしを始めて
3時間くらいでほとんど終わりました。
結構な重労働でしてもうクタクタ。
『へ?くしょん!』鼻がムズムズするな。
きっとたくさん吸ってしまったんだろう。
2重にしたタオルも鼻と口の部分が黒くなってる。
だいぶガードしてた功績は認めるが、まだまだでした。
ティッシュで鼻をかんだら真っ黒の鼻水がでましたよ(笑)
やっぱり市販の防塵マスクを使うべきだった・・・

これが『センイ壁おとし作業』終了後の写真。



作業終了後の仕上がりの感想。

思ったほど平らに落とせなかったのが残念。
表面の2層(上塗りと中塗り※)を剥がす予定だったんだけど
ムラ直しの層まで剥がしてしまった事が原因だろう。  ※『step.5和室を調べる』参照
後々の作業が思いやられます。      

それと今回の作業である事実を発見してしまいました。
今後の実家改造計画に大きく影響を及ぼすだろう。
地震に対する不安を覚えました。
そのある事実とは



読んで頂いてありがとうございます。
皆様に楽しんで頂けるようグログランキングに参加しています。
↓のランキングバナーをクリックして頂けると嬉しいです^^
   
クリックありがとうございます。これを励みに頑張ります! 




続きを読む  >>これって欠陥? 
 




 




スポンサーサイト

テーマ:インテリア - ジャンル:趣味・実用

コメント

こんばんは~♪

完全武装ですね\(◎o◎)/!

やぱり解体が一番大変そうですね。

養生や掃除だけでもかなり体力使いそうです。

応援ポチッとしときます(*^_^*)

  • 2007/01/20(土) 18:58:52 |
  • URL |
  • insomnia365 #daHZoIoo
  • [ 編集 ]

>>insomnia365 さん

ありがとうございます!
そうなんです大変でした~。
でもこの作業がないとさきにすすまないですからね。

  • 2007/01/20(土) 20:29:35 |
  • URL |
  • DIYで職人nakase! #-
  • [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://doityourself.blog66.fc2.com/tb.php/47-f7ad5f5d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

まとめ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。