DIYで職人nakase!

DIY(日曜大工)の応援サイトです。目指せプロ並仕上げ!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

製図 模擬試験1回目

模擬試験。
戦ってきました5時間30分。


問題は
時間内に書き終わるかどうか?
と言うこと。

作戦では
エスキス…2時間30分。
作図…3時間。

完成しないと採点すらしてもらえない。
まずは土俵に乗ること。
ソレが大事。

プランが少しでも悪くても作図しよう。

でも難しいぞ。
今まで一度もその時間でやったことナイから…。
そう考えると絶望的。

まぁ
今回は一回目の模擬試験なので
簡単なのが出るだろうと
淡い期待を持ちつつ試験に臨む。

時間帯は違えど5時間30分ぶっとおし。
開始前におにぎりをほおばる。

そして開始10分前。
問題用紙・エスキス用紙・解答用紙が配られる。
裏返して時間を待つように指示がある。

始まるまで緊張の一瞬だ!
…なんて考えている人はいなく
戦いはすでに始まっている。

透けて見えるんだよね?。

敷地になにやら丸い印。
木?

新しい傾向の問題が出るのは解っていたが
これだろうか?

うっすらと
『地上2階建て』という文字がみえた。
小さくガッツポーズ。

この丸印の木?らしきモノに注意すれば
簡単だろと緊張をほぐす。


そして開始。

問題読みとり(マーカー)に20分。
予定通り。
やはりあの丸印は既存樹木だった。
地上2階建て。
ゾーン分けもだいたい当たりがつく。
機能図も簡単にまとめたし。

こりゃいける。
勝利の女神が微笑んだ。
再びガッツポーズ。

そして次の工程
その他の施設から建築可能範囲を割り出す。

大きな広場と5台分の駐車場がくせ者だ。
それを引いた場所でグリッドを考える。

ん?
どう考えても
面積範囲の下限ギリギリ。

建物の器決めでこのあとの工程に差が出てくる。
ココは冷静に。冷静に。
問題をもう一度読み、広場と駐車場の位置を確認する。

…いいんだな。

やばい。
手が止まってしまった。

刻一刻と時間が過ぎていく。
気付けば1時間を経過していた。
悩めば悩むほど解らなくなる。

うううう…。困った。

この学園には魔物が潜んでいると聞いたが
そいつか?

でも世界陸上で大阪へ出張中のはず!

やられた。
もう時間を取っていられない。
所要室が入らなくはナイことを確認してすすめた。

やはり難しい。
部屋収め。
始めはゾーン毎にわかれていたんだけど
収めていけば行くほど
収まりきれない部屋があっちへ行ったりこっちへ行ったり。
もう減点覚悟。

開始から2時間経過。
あとちょっと。
いままでのしわ寄せに苦労する。
後戻りしている時間はないので無理矢理収める。

2時間30分。
なんとかまとめた。

休む間もなく作図スタート。
2平面なので早い早い。
途中、面積不足に気づきゴタゴタしたが
10分前に書き終えた。

魔物は去ったようだ。
夜の決勝にむけてまた大阪へいったか?

最後の10分でチェックと書き込み増し。


模擬試験終了?。

はぁ?。
終わった。
すっごく疲れた。
でも達成感あり。

その日に採点してくれて
結果は3時間後にわかった。

流石はプロ。
抜かりはない。
減点覚悟の部分はきっちりとチェックされている。

ゾーニングの減点が一番多かった。
解っちゃいるんだけど出来ないのが悔しい。
致命的な減点は無かったものの
細かいミスが効いた。
塵が積もった。
もちろん不合格点↓。

解答例ももらった。
そもそも広場の向きに難があったみたい。
場所はあっていたのだが…。

それだけの違いでココまで苦しめられるとは…。

前工程が悪いと後工程にしわ寄せが行く。
身にしみた模擬試験でした。








2007年版 BOOKS 
1級建築士に合格する設計製図テクニック9訂版  一級建築士製図試験のウラ指導(2007年版)  一級建築士設計製図試験エスキースアプローチ(平成19年試験対応)









(一級建築士・設計製図・試験勉強・エスキース・手順・帳・独占・独学)

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://doityourself.blog66.fc2.com/tb.php/185-7d4fe3ef
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

まとめ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。