DIYで職人nakase!

DIY(日曜大工)の応援サイトです。目指せプロ並仕上げ!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

地震の恐怖体験から学ぶ

中越地震の被災者として『防災の日』は
あの日を振り返る日でもあります。

<震災アンケート>「将来ある」9割、「備え」5割
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?b=20070901-00000008-mai-bus_all

でも、この大震災アンケートをみて愕然としました。

みんな震災に対して意識なさすぎだよ?。

実際、体験している人ならば解るはず。
震災対策の不備による後悔。
あの時こうしていれば…ってことがたくさんあります。

下記はボクが体験した『中越地震の体験記』です。

これを読んで震災に対して
少しでも危機感をもっていただければありがたいと思います。



中越地震の恐怖体験

平成16年10月23日(PM5:30頃)

ボクは新潟県中越にある建築会社に勤めていました。
いつものように現場からもどり
一日の仕事の残務作業に熱中してました。
自分の机で業者の人に電話連絡をしたり、
作業日報をまとまたりと・・・

『おつかれさま?。お先に失礼しま?す♪』

PM5:30が終業時刻なので
女性社員などちらほら帰宅をはじめます。
社員20人で半分は女性という
建築会社ではめずらしい人員です。
数分して自分の仕事も終わりあたりを見渡すと
もう5・6人しかいませんでした。

『今日はみんな早いな?。ボクの知らないところで飲み会でもあんのかな?』

と勝手に想像し、
悔しいからボクも早く帰ろうと支度を始めました。
机の上や後ろの本棚を片づけたり、
バックに書類をしまったり。

そして
最後に作業日報を上司に渡そうとして席を立った瞬間・・・
ソレは起こりました。

(PM5:56頃)
中越大震災発生!


続きを読む
 >>突然の大地震

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://doityourself.blog66.fc2.com/tb.php/183-e58db558
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

まとめ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。