DIYで職人nakase!

DIY(日曜大工)の応援サイトです。目指せプロ並仕上げ!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

中越地震の恐怖体験?

 生死を分けた防災グッズ 

 






<<はじめから見る 

この人だかりの正体がわかりました。

この横たわる人々は
病院の入院患者さんだったんです。

よく見ると白衣を着た看護士が
患者さんを連れてきているのがわかった。

自分の力で歩ける患者さんはいいが、
寝たきりの患者さんをここへ運ぶ(←表現悪いが)のは大変そう。

看護師って名前に変わったけど
結局ほとんどが女性だから・・・
それでも一生懸命患者さんを避難させてる姿を見ると
プロ魂を感じさせられます。

患者さんたちは毛布にくるまって
寒さをこらえている様にも見える。
ボクも防寒具(ダウンジャケット)を着ていなければ寒い気温。
過酷な状況だ。
このまま一夜を過ごすのは無理だろう。

などと考えていたら妻が帰ってきた。
子供も連れてきている。
無事のようだ。

比較的健康な患者(変な表現だが)に
見てもらっていたそうだ。

忙しそうにしている妻をみて安心することより
邪魔にならない様にこの場を去ることが先決と考え、
この場をあとにすることに。

でも
この患者さんたちは大丈夫だろうか?





読んで頂いてありがとうございます。
皆様に楽しんで頂けるようグログランキングに参加しています。
↓のランキングバナーをクリックして頂けると嬉しいです^^
   
クリックありがとうございます。これを励みに頑張ります! 





続きを読む  >>不安はあります





   
















(地震・情報・速報・予知・雲・保険・対策)

スポンサーサイト

テーマ:中越地震の恐怖体験 - ジャンル:日記

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://doityourself.blog66.fc2.com/tb.php/170-4ef7d330
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

まとめ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。