DIYで職人nakase!

DIY(日曜大工)の応援サイトです。目指せプロ並仕上げ!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

中越地震の恐怖体験?

 生死を分けた防災グッズ 

 

 

 






<<
はじめから見る 

いったいどこ行ったんだ?

つながらない携帯で何度も電話してみる。
『プー。プー。』
やっぱり繋がらない。

とにかく妻と子の顔をみて安心したい。
行くところと言えば・・・?
妻の実家?きっとそうだろう。
あと行くところないもんな。
妻の実家はここから車で20分くらいのところ。
すこし時間がかかる。

そこへ行く前によりたいところがあった。
自分の実家である。
そんなに新しい家でない(築30年くらい)
ので倒壊していないか心配。
ここから車で5分くらいのところにある。
先にそっちを回って行くことにした。

市内は裏道を知っているのでスイスイ渋滞さけていける。
いつも通り5分くらいでついた。

両親と兄を発見。
外に出て近所の人と自分の家をジーッと眺めている。
家の隣に大きい駐車場があってそこに避難していた。
そこなら何が倒れて来ても安心である。
驚いた様だが、体は無事のようだ。
建物も一応、立っている。
なかの状況は自分の家を見ているのでだいたい想像できる。
両親と兄の安否を確認し、すぐ実家を出た。

妻の実家は郊外にあるため、
比較的に信号の少ないルートでいける。
しかも、ほとんど直線で走りやすい道のりである。

『いつもの時間くらいでいけるだろう・・・』

と思っていた。
妻と子を心配する思いから
心なしかスピードを上げて走っていた。

運転中、何度も携帯に電話してみる。
…がやはり繋がらない。続けてしつこくかけ続ける。

見通しの良い直線、車もいない。
当然、スピードをあげる。
さらにあげる。

そして、ソレは襲ってきた。


平成16年10月23日(PM6:34頃)

中越大震災 余震再発生!





読んで頂いてありがとうございます。
皆様に楽しんで頂けるようグログランキングに参加しています。
↓のランキングバナーをクリックして頂けると嬉しいです^^
   
クリックありがとうございます。これを励みに頑張ります! 






続きを読む
  >>かわった感覚です
 




          
 

















スポンサーサイト

テーマ:中越地震の恐怖体験 - ジャンル:日記

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://doityourself.blog66.fc2.com/tb.php/164-361f2aa5
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

まとめ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。